headband
健康,腸内環境

腸内環境が悪化する理由

腸内環境は乱れた食生活(脂分の摂りすぎ、食物繊維の不足)、運動や睡眠の不足、ストレスなどによって悪化します。

具体的には、栄養分が吸収された食べ物の残りカスを悪玉菌が分解することで腐敗ガスや腐敗毒素が作り出され、それらが腸内に充満している状態です。

腸内環境の精神面への影響

「食生活や生活リズムは分かるけど、ストレスもやっぱり関係あるの?」はい。体の機能のいわば交通整理を司る自律神経は心身を緊張させる交感神経と逆にリラックスさせる副交感神経がありますが、生活リズムの乱れや精神的なストレスにより正常に機能しなくなります。これがいわゆる自律神経失調症ですね。

この自律神経失調症には実は腸内環境も大きく影響しています。快楽や幸福感を感じ、イライラを抑えるために必要なセロトニンという物質が腸で生成され、脳に送り込まれるからです。約2%が脳に送られ、90%は腸内の活動のサポートに使われます。

ところが腸内環境が悪いと脳に送られる分のセロトニンが腸内を改善するために使われてしまうため、精神面でドンドンネガティブになっていきます。この悪循環がうつ病や不眠症などの病気を引き起こすわけです。

腸が「第2の脳」と言われるゆえんがここにあります。

完璧主義な人、肩の力を抜いて!

性格で言えば、根をつめることが多い完璧主義の人は特に危険です。「〜しなければ!」「こうじゃなくて、こうだ!」と常に考えているので、常時脳は緊張状態にあるわけです。交感神経全開状態ですね。事実完璧主義の人には便秘の人が多いというデータもあります。自分も該当する?と思う人は、割り切ることも開き直ることも時には必要であることを心に留めておきましょう。

でも根が真面目な人ですから「割り切らなければ!」「開き直らなければ!」と肩に力が入ってしまうかも知れませんね。それでは逆効果です。どこか適当なところで「これでいいや」と思う辺りから始めてみましょう。

pagetop

腸内環境の改善

腸内環境の影響