headband
健康,腸内環境

『腸に良い食事とは?』

人間の体内に存在している免疫の70%が、腸に集中していると言われているほど、私達の健康と腸は切っても切り離せない関係にあります。腸をきれいにしておくことは、健康に生活するために必須と言えます。そこで、腸内環境を整えるのに有効な食事についてご紹介していきましょう。

善玉菌を増やす食品を食べましょう

それでは、「腸内環境を整える食事」とは、具体的にどのような食事をさしているのでしょうか?腸内環境を整える事は、腸内細菌のバランスを整える事をさしています。そのために、善玉菌を増やす効果のあるものを食べる事が大切になってきます。逆に、お肉などのたんぱく質や脂肪を多く含んでいる食品は、悪玉菌を増やしてしまう事につながってしまうので、取りすぎに注意しましょう。善玉菌が多く含まれている食品の代表格として、ヨーグルトを思い浮かべる人も多いと思います。そこで、ヨーグルトを選ぶ際のポイントをご紹介します。

成分配合に着目しよう!

「腸内環境を整える」と言う明確な目的で、ヨーグルトを選ぶ場合、着目したいのが、成分配合です。従来のヨーグルトに配合されていた乳酸菌は、胃酸などの消化液に弱く「乳酸菌を生かせたまま、腸に届かせる」ということが課題になっていました。しかし、最近のヨーグルトは、プロバイオミクスと呼ばれる、乳酸菌が生きたまま腸に届くものも、販売されています。ガセリ菌・ラブレ菌といった言葉をCMなどで耳にしたことがある方も多いと思います。ガセリ菌や、ラブレ菌が含まれているヨーグルトは、プロバイオミクスに該当するので、ヨーグルトのパッケージに着目し、ヨーグルトを購入するようにしましょう。その逆に、ヨーグルトケーキや、ヨーグルト味のドリンクなどをいくら摂取しても、腸内環境を整える事にはならないので、ご注意下さい。

ヨーグルトのほかに、腸内環境を整えてくれる食品は?

ヨーグルト以外にも、善玉菌を増やす働きをしてくれる食品は多々あります。そこで注目するべきは、善玉菌の一種、乳酸菌です。乳酸菌には、「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」の2種類があります。動物性乳酸菌は、ヨーグルトのように、消化液に弱いので、乳酸菌が生きたまま腸に届かないのです。腸内環境を整えるためには、植物性乳酸菌が多く含まれている食品を摂取するようにしましょう。具体的には、ヌカ漬け、キムチ、納豆、味噌、お醤油などが当てはまります。つまり、昔ながらの和食をうまく取り入れていけば、自然と腸内環境が整うようになるのです。

pagetop

腸内環境の改善

腸内環境の影響