headband
健康,腸内環境

健康かどうかは腸で決まる!?

「キレイでありたい」、これは、女性にとって永遠のテーマですよね。そこで今回は、綺麗への近道をご紹介します。それは、ずばり『腸内環境を整える』ことです。人間にとって腸は、『第二の脳』、『体内の全免疫の70%が、腸に集中している』と言われているほど、重要な器官なのです。健康かどうかは腸の状態によって決まるといっても過言ではないでしょう。腸内環境が整っていないと、便秘になってしまったり、老廃物が溜まってしまい、老廃物から有害物質が発生し、肌や体に悪影響を及ぼしてしまいます。キレイのためにも、健康のためにも腸内環境を整えておきたいですよね。

腸の仕組みを見てみよう

腸内環境を整える上で、重要なのは腸の仕組みを知っておく事です。腸の仕組みについてご説明します。腸には、非常に多くの腸内細菌が存在しており、それらを合計すると、数十兆個から、100兆個にのぼると言われています。そしてこの腸内細菌の種類は大きくわけて3つに分類する事ができます。

  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和見菌

の3つです。

それぞれの菌について大まかに説明すると、善玉菌は全体の20%を占めており、 身体の健康維持に貢献する役割を担っています。乳酸菌、ビフィズス菌がこれに当たります。全体の10%を占めている悪玉菌は、有害物質を量産し、健康に害を与えてしまうものです。残りの70%は、日和見菌と呼ばれるものであり、普段は、大人しくしているのですが、病気などで体が弱っているときに、腸内で悪い動きをするものです。バクテロイデス・連鎖球菌などがこれに当たります。腸内環境を整えるためには、この3つの菌のバランスが重要になってきます。悪玉菌が全くないという状況も体にとっては良くないのです。肉などのたんぱく質を分解するのには、悪玉菌が必須といえます。

腸内環境を整えるには?

それでは、具体的に腸内環境を整えるには、どうしたらよいのでしょうか?3つの秘訣をご紹介します。

  • 便秘を予防する
  • 便秘になってしまうと、腸内環境のバランスが乱れてしまいます。便秘を改善するためには、野菜中心の規則正しい食事を心掛ける・定期的に運動する・毎日、同じ時間に睡眠するといった3つの点を実践してみましょう。

  • 自律神経を整える
  • ストレスをためることは、腸にも良くありません。ストレスと上手に向き合い、自律神経をコントロールするのも、腸内環境を整えるための秘訣といえます。自分の好きな音楽を聴いたり、アロマを楽しむなど、自分なりのリラックス方法を見つけましょう。

  • 善玉菌を増加させ、日和見菌を味方につける
  • 先程ご紹介した、腸内の3つの菌のうち、善玉菌の割合を増やし、その分悪玉菌の割合を減らしていけばよいのです。具体的には、ヨーグルトを食べて、乳酸菌を増やすなどの工夫をしたり、食物繊維を多く摂取することで、体の中の善玉菌を増加させる事につながります。

今回、ご紹介したことに注意してキレイな腸を目指しましょう。

pagetop

腸内環境の改善

腸内環境の影響