headband
健康,腸内環境

腸を制するものは、健康を制する?

私達人間にとって、腸は『全免疫システムの70%を占めている』や『第二の脳』と呼ばれているほど、重要な器官です。腸が健康かどうかは、私達の健康度合いを図るバロメーターとも言えるでしょう。そこで今回は、腸内環境について詳しく見ていきましょう。

そもそも、腸内環境って何?

ずばり、腸内環境とは、大腸内に生息する腸内細菌の生態系を指す「腸内フローラ」の状態のことをいいます。この腸内フローラの中には、100種類以上の細菌が存在しており、それぞれ活動しています。腸内細菌は多様な種類が存在していますが大きく種類を分けると以下の3種類となります。

  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和見菌

ヨーグルトなどでおなじみの乳酸菌は、善玉菌に該当します。体内で私達に有益な働きをしてくれるのが、善玉菌、体にとって悪影響を及ぼしているのが悪玉菌、そして、善玉・悪玉どちらかその時々のフローラの状況で優勢な方になりうるのが日和見菌という構造になっています。

それでは、悪玉菌が全滅すれば、腸内環境が整ったといえるのでしょうか?答えは「NO」です。なぜなら、人にとっては有害な悪玉菌が生産する物質も、善玉菌にとってみれば、エサとなりうるからです。つまり、悪玉菌が存在しなかったら、善玉菌も存在できないというわけです。

腸内環境を整えるには?

腸内環境を整えるためのポイントは、「善玉菌と悪玉菌のバランスを整える」ことにあります。その理由として、腸内環境のバランスが崩れてしまうと、感染症や、皮膚・臓器の障害、便秘などの様々な影響が生じるようになるからです。腸内環境を整えておく事は、健康を維持するために重要といえます。腸内環境を整える方法として最も有名なのが、乳酸菌が含まれる食品を摂ることでしょう。ヨーグルトのほかにも、しょうゆ・味噌などの発酵食品を摂る事により、腸内環境を整える効果があるといわれています。

最近注目を浴びてる食品でオリゴ糖があります。

妊婦さんの便秘対策にも良いと言われていますね。コーラック妊娠初期に飲んでいて大丈夫だっただろうかと不安になった人もいませんか?やはりコーラックよりもオリゴ糖の方が長い目で見ると安心です

pagetop

腸内環境の改善

腸内環境の影響